QLOOKアクセス解析
OK-Music Electric Side Web
Shopping, Education and Fun!

 このサイトはオンライン楽器ショップ「OK-Music 」と連携しています。

 OK-Music の<特定商取引法による表示>はこちらをご覧下さい

 サイト内の全ての情報は作編曲家の安西史孝が提供しています。安西史孝のプロフィールについては以下をご参照ください。

安西史孝:

テレビアニメ系の音楽を中心に活動する作編曲家です。

有名なところでは「うる星やつら」「みゆき」「Basara」「FireStorm(Gerry Anderson)」「あらしのよるに」等を書いています。

アナログシンセが好きで好きで…なのに、色んな事に浮気してたんですが、やっぱり基本に立ち返ろうと「アナログシンセ一本!」で行くことにしました。

YouTube のページもアナログシンセだらけにしてます。特にアナログシンセを使って音楽を作る、音楽理論的な部分からのアプローチっていうのは誰もやってないので、狙い目だと思っています。

「アナログシンセは絶対面白いぜ!でも、もし YouTube とかで参照が少ないとしたら、それは私の伝え方が悪いからなのだ!」という基本理念で行こうと思っています。

 関連サイト:

 シンセサイザーに関する動画 / 関連 Blog / Twitter / Facebook / iTunesStore


プロフィール:

 社団法人日本音楽著作権協会評議員(1998-2001、2005-2008)

 同協会放送問題検討委員会特別委員(1998-2001)

 同協会デジタル化対策委員会特別委員(1998-2001)

 日本作詞作曲家協会理事(1998-2001)

 ・バイオリニストの父親、バイオリン/ピアノ教師の母親、和楽器講師の祖母という環境のもとで、4 歳よりクラシック・ピアノを始める。

 ・1976年春より電子楽器のメーカー、ローランドの技術開発室にアルバイトとして通い、技術者が書いた手書き図面から部品を集め、テスト用バラック基盤を作る特殊な作業を手伝う。

 ・1976年より作曲、楽理を有馬礼子氏、故小舟幸次朗氏に師事。ジャズピアノ理論を塚原愛子氏、故八城一夫氏に師事。

 ・1976年ローランド・テープコンテストで入賞。

 ・1977年キティレコードの原久実子のバックバンドに加入しキーボードを演奏。以後キティ系のアーティスト(来生たかお、小林泉美等)のセッション演奏に参加。

 ・1977年頃よりオーディオフェア、楽器フェア、コンピューターフェア等のイベントに講師として招かれるようになりはじめる。

 ・1978年、玉木宏樹&東京フィルハーモニーのレコーディング、コンサートに参加、その後多くのレコーディングに参加する。

 ・1980年、神戸で行われたポートピアで三金会(第一勧銀系)のパビリオンの音楽を担当。徐々に演奏のみから作曲/編曲の仕事を受けるようになりはじめる。

 ・1983 年 2 月、自らのスタジオで制作した TV アニメ”うる星やつら”シリーズのレコードがキャニオンレコードで年間優秀ヒット賞と 2 本のヒット賞を受賞。

 ・1985 年科学万博 85 の公式テーマ曲の制作を依頼され「Hoshimaru アッ!」を作曲。

 ・同博覧会の NEC C&C シアターの音楽の作曲及びSE等を制作。同博覧会の政府館都心部会場(博覧会終了後も恒久施設として残る博物館)の音響を担当。

 ・西武グループの主催するカルチャースクール「コミニティカレッジ」講師(1985年まで)。

 ・1985年ビクター音楽産業主催の原宿音楽祭、コンピューターソフトウェア部門で最優秀賞受賞。

 ・1987年アスキー、ハイパーリブプログラミングコンテストで3位入賞。

 ・1994年ヒューマンコンピューターゲームソフトコンテストで、ネットワーク RPG 作成システムが入賞。

 ・1987 年米アップル社の10周年を記念して発行された写真集 SoFar に唯一の日本人として紹介される。又、同社のプロモーションビデオにも数多く登場。

 ・1987年よりネットワークのニフティサーブ(ニフティ)にて音楽情報サービス及び音楽ファン向けのシステム RockNet (RockLine と改名)をスタート。

 ・多くのビンテージ・シンセサイザーを所有し、これらを紹介した CD-ROM『Anz's Vintage Synthesizers Museum』を学研より発売。

 ・豊富な音楽/技術知識を評価され、楽器開発/ソフト開発のオブザーバーとして多数の有名メーカー(セイコー電子工業、赤井電機、ヤマハ、ローランド等)の楽器開発に関与。フェアライトやPPG/カーツウェルなど海外の高額楽器の日本デモンストレーターとして数多くの発表会などで公演。

 ・1999年、社団法人日本音楽著作権協会の評議員に当選後、同協会のデジタル化対策委員会特別委員として、著作権のデジタル化システム構想「Dawn 2001」を立ち上げる。

 ・2004年に制作したブリックトイによるストップモーションアニメーションが 15 min of Fame(TN, USA)、East Lancing Children's Film Festival(MI, USA)、Zoie Cellar Cinema Festival(online, USA)、三鷹の森インディーズアニメーションフェスィバル(東京)でノミニーとなる。



<制作作品>

 ・レコード/CD・映画/ビデオ(作編曲家として):

 TPO1(CBS/SONY)、あらしのよるに、樹魔伝説(コロンビア)、イティハーサ、クロスウィンド(キティ)、うる星やつら、みゆき、ビートXネオ(コロムビア)、安西史孝BEST IN THE 80'S (80年代のベスト盤)、Bビーダマン爆外伝、BASARA、ぐるぐるタウンはなまるくん、FireStorm (ファイアストーム)、ルナクリッパー、レディ・レディ(薬師丸ひろこ)、たんぽぽ、オーディーン、仙女一夜、手天童子、黒の獅子(永井豪)、スーチーパイ、川口浩探検隊、etc


 ・イベント等(作編曲家として):

 科学万博NECシアター/政府館、奈良シルクロード博、東北未来博、北海道食の祭典、ハウステンボス、東京ディズニーランド「レーザーマジック」、スーパーエキセントリックシアター(SET) 名探偵丸越万太「左脳民主主義○殺人事件」、同「新約JAPAN書記」、etc


 ・アーティストへの楽曲提供(作編曲家として):

 布施明、寺尾聡、結城比呂、平野文、河村隆一、etc


 ・TV等の出演:

 NHK「ETV 特集」、スーパーTV、アップル社プロモーションフィルム、東京電力CF、東京音楽祭、土曜ワイド、etc


 ・演奏または編曲のみの参加:

 ロングバケーション(大滝詠一)、怪しい夜を待って(井上陽水)、星屑の街(石川セリ)、天使を誘惑(山口百恵)、庄野真代、ドクタースランプ、まことちゃん、とんだカップル、陽当たり良好、アニメ80日間世界一周、ヘレン笹野、光岡ディオン、etc



戻る