Shopping, Education and Fun!
QLOOKアクセス解析

System-700:

見たいパネルをクリックしてください

SYS700ALL
item10
item11
item12
item13
item15
item16
item20
item21
item22
item23
item24
item26
item28
item29
item31
item32
item3

  706シリーズ LFO :

item6 標準仕様で 3 個の 706 シリーズが搭載されている。

 706 シリーズには A と B の 2 タイプがあり,A は出力波形にパルス波がないかわりにディレイ・タイム・ボリュームがあり,B にはディレイ・タイムがないかわりにパルス波の幅を調整するパルス・ワイズのボリュームがついている。

 この出力信号は各種モジュールに接続可能で,ビブラート(VCO),グロウル(VCF),トレモロ(VCA),パルス・ワイズ・モジュレーション(VCO/PWM),ADSR に接続しリピート効果を得る,など多用途に使用される。


1.FREQUENCY = LFO発振周波数

 LFO の発振周波数を可変するボリュームで,発振しているスピードは LED で確認することができる。発振周波数は 0.03 ~ 30Hz まで。


2.DELAY = ディレイ・タイム

 706A のみに装備。

 鍵盤を押した瞬間から LFO 出力に信号が 100% 出力されるまでの時間を決める。2m ~ 10Sec までの範囲で可変可能。ディレイはゲート信号にしたがって作動するため,レガート演奏中は最初の音にのみディレイ効果が現れる。


3.矩形波/鋸歯状波/三角波/サイン波(WAVE FORM)= LFO出力波形セレクト

 LFO の出力波形を選択するツマミで,2651の 4 種類の波形が選べる(706B では矩形波のかわりにパルス波)。


4.PULSE WIDTH = パルス・ワイズ

 706B のみに装備。LFO出力波形セレクトで を選んだときのパルス幅を調整する。


5.LFO OUT = LFOアウト

 LFO の信号出力ジャック。


6.FREQ CV IN = 周波数外部コントロール電圧入力ジャック

 発振周波数を外部からの CV でコントロールするためのジャック。


7.KEY TRIG = キーボード・トリガー

 オンにすると,鍵盤からのゲート信号で LFO の波形を最初の位置からスタートさせられる。サイン波,三角波は位相角90度から、鋸歯状波,矩形波は0度からとなる。

発振周波数を変えながら、サイン波/三角波/鋸歯状波/矩形波の各波形をVCOに送る

発振周波数とパルス・ワイズを変えながらパルス波をVCOに送る