item9 item10 item13 item14 item15 item16 item17 item18
Shopping, Education and Fun!
QLOOKアクセス解析

System-100M:

見たいパネルをクリックしてください

SYS100MALL
item9
item10
item11
item12
item13
item14
item15
item16
item17
item18
item19
item20
item3

  130 デュアル VCA :

item6 全く同じ VCA が 2 機搭載されている。また 130 ではオーディオ信号だけでなく,CV 信号もコントロールできるため,VCO に送る LFO のレベルを VCA で制御してディレイ・ビブラートを作ったりすることもできる。


1.MOD IN1~3=モジュレーション・イン1~3ジャック/ボリューム

 VCA をコントロールする外部電圧入力ジャックと,その入力ゲイン調整ボリューム。

 3 つの入力がある。ボリュームが 10 の場合,LINEARでは 1 Vで 10%,EXPONENTIAL では 1V で 10dB のレベル変化が得られる。


2.SIG IN1~3=オーディオ信号入力ジャック1~3/ボリューム

 3 つのオーディオ信号(または CV 信号)の入力ジャックと,そのレベルを調整するボリューム。


3.VCA OUT=VCAアウト

 VCA の信号出力ジャック。ハイ/ロー 2 つの出力があり,ハイでは ×1 倍,ローでは × 1/10 のゲインが得られる。出力に信号が来るとグリーンの LED が,その信号がオーバー・ロードすればレッドの LED が点灯する。


4.INITIAL GAIN=イニシャル・ゲイン

 VCA の MOD IN にコントロール電圧が全くかかっていない場合のゲインを調整するボリューム。


5.LINEAR-EXPONENTIAL=リニア/エクスポネンシャル・コントロール・モード

 オーディオ入力信号に対して,コントロール電圧をリニアに働かせるか,エクスポネンシャルに働かせるかを選ぶスイッチ。

 エクスポネンシャルでは急激な音量変化を得る事ができ,非常にパーカッシブなサウンドを作ることができる。また VCA を 2 つ直列につないで 1 つ目の VCA で音量コントロールを行う場合,モードをエクスポネンシャルにしてイニシャル・ゲインとの組み合わせでレベル調整を行うこともある。

ADSRを動かしながら、コントロール・モードをリニア-エクスポネンシャルに切り替えてみる