item1 item2 item3 item4
Shopping, Education and Fun!
QLOOKアクセス解析

MC-4:

見たいパネルをクリックしてください

MC4ALL
item1
item2
item3
item4
item5
item8

  概要/仕様 :

概要:

楽器について

 1981 年に発表されたデジタル・シーケンサー。1977 年に発表された MC-8 の使い勝手を大幅に改良し, System-100M などに合わせたミニ・ジャック仕様として発売された。データ入力の考え方が MC-8 と異なったため,両方を使い分けることはほとんど不可能だった。


当時の定価

 MC-4 A:33万円(16KByte)

 MC-4 B:43万円(48KByte)

 MTR-100:17万円(デジタル・カセット)

 OM-4:12万円(32 KByte RAM キット)


仕様:

●メモリー容量:

 MC-4 A:16 Kbyte(約 3900 音)

 MC-4 B:48 Kbyte(約 12000 音)

●出力:

 4 チャンネル:

  CV - 1(0V ~ 10.42V ,125 ステップ,83.3mV/ステップ):4

  CV - 2(0V ~ 10.42V ,125 ステップ,83.3mV/ステップ):4

  GATE(OFF:0V,ON:12V)

  MPX(OFF:0V,ON:12V)

●入力:

 テン・キー(0 ~ 9)

 エンター/スタート

 メジャー・エンド/ストップ・コンティニュー

 バック・ステップ/トータル・ステップ/-

 フォワード・ステップ/ステップ・エラー/+

 シフト

 インサート

 デリート

 コピー(トランスポーズ)

 リピート

 カーソル(←,→)

●鍵盤入力:

 CV(0 ~ 10.42V)

 GATE(2.5V 以上)

 キャリブレーション・ツマミ

●シフト・マップ:

 0:メモリー残量(%)

 1:CV 1

 2:ステップ・タイム

 3:ゲート・タイム

 4:CV 2

 5:MPX

 (6:ステップ・タイムを参照しながらゲート・タイムを入力。ゲート・タイム入力時のみ)

 7:CV 1 + ゲート

 8:ゲート・リライト

 9:チューン

●モード:

 セレクター(EDIT/PLAY/CMT)

●トータル・チューン:

 調節ツマミ(±100 セント)

●テンポ:

 テンポ・ツマミ(- 50% ~ + 100%)

●テンポ・CV:

 インプット(0V ~ 10.42V)

●サイクル・スイッチ:

●シンクロ:

 セレクター(DIN/INT/TAPE.EXT)

●DINシンクロ:

 DINコネクター

 セレクター(INPUT/OUTPUT)

●EXTシンクロ:

 インプット(2.5V 以上)

 アウトプット(0V ~ 5V)

●CMT/TAPEシンクロ:

 インプット

 アウトプット

●外部コントロール:

 スタート(OPEN または 2.5V 以上のパルス)

 ストップ(OPEN または 2.5V 以上のパルス)

●外形寸法:

 471(W)×348(D)×124(H)mm

●重量:

 6.1 kg(MC-4 A)

 6.3 kg(MC-4 B)

●消費電力:

 25W

 MC-4 B は MC-4 A にオプション・ボード OM-4 を付加したもので,専用デジタル・カセット MTR-100 用の接続コネクタがついています。


パネル:

フロント・パネル:

 先に発売された MC-8 に比べ, MC-4 のフロント・パネルは簡略化されている。これはシフト・キーやモード・キーをつけることにより,1 つのボタンに複数の意味をもたせるようにしたためである。

 パネルには上部にデータ・ディスプレイ,下部にはテン・キーを中心に各種ボタンが並んでいる。

 左上には,インサート,デリート,コピー,リピート・ボタンが,左下にはカーソル・コントロール・ボタンが,中央にはシフト・キー,テン・キー,バック,フォワード・キーや,モード・スイッチが配置されている。その右にはテンポ/シンク関係のボリューム,スイッチが並んでいる。

 一番右側には 4 チャンネル分の CV/ゲート,MPX の出力と,コントロール関係のイン/アウト端子が並んでいる。

リア・パネル:

 リア・パネルには電源スイッチのほかに,DIN シンク,テープ・シンクのイン/アウト,スタート,ストップの外部コントロール・ジャックと,オプションのデジタル・カセット MTR-100 のコネクターがある(デジタル・カセット用コネクターは MC-4 Bのみ装備)。