Shopping, Education and Fun!
QLOOKアクセス解析

CDX Organ:

見たいパネルをクリックしてください

CDXALL
item1
item2
item3
item4
item5
item6
item7
item8

   概要  ウンチク  その他
CDX Organ はこんな音

item11

  概要/仕様 :

概要:

楽器について

 1974(5?)年に発売された CORDOVOX ブランドのオルガン+シンセサイザー。アメリカの NORLIN MUSIC から発売されているが,シンセ部分は MOOG のプリセット・シンセ”Satellite”が入っており,オルガン部分はイタリア製である。

 CDX オルガンはコード・ボックス(CORDOVOX)オルガンの略。


当時の定価

 不明


仕様:

●鍵盤:

 アッパー:44 鍵,F ~ C

 ローワー:49 鍵,C ~ C(下部 C ~ E までの 17 鍵はベース鍵盤として使用可能)

●シンセサイザー部:

 モノフォニック,高音優先型

 シンセサイザー・オン/オフ:1

 プリセット:9
  ピアノ,サックス,ギター,フルート,バンジョー,クラリネット,ストリングス,トランペット,ホルン

 プリセット・セレクト:1

 オクターブ:2
  2 つのスイッチの組み合わせで 4 オクターブ音域可変

 モジュレーション・スイッチ:4
  リピート,サイン波/矩形波切替,ビブラート,トレモロ

 グライド・オン/オフ:1

 サスティン・オン/オフ:1

 セミ・プリセット:12

  ブラス:2
   ミュート,オープン

  リード:4
   シン,ホロウ,フル,ブライト

  ストリング:4
   ボウ,プラック,ストライク,ピック

  その他:2
   ベル,ルナ

 チューニング:1

 フィルター:3
  コントゥア・ジェネレーター・デプス,カラー(カットオフ・フレケンシー),エンファシス

 モジュレーション・ボリューム:2
  レート,デプス

 グライド・ボリューム:1

 音量ボリューム:1

●オルガン部:

 フルート・ボイス(サイン波系ドローバー):6
  16’,8’,5 1/3’,4’,2 2/3’,2’

 ミクスチャー:1

 アッパー・ボリューム:1

 ローワー・ボリューム:1

 パーカッション・ボリューム:4
  8’,4’,2 2/3’,2’

 パーカッション・ディケイ:1

 パーカッション・リピート・レート:1

 パーカッション・オン/オフ:1

 パーカッション・リピート・オン/オフ:1

 パーカッション・モノ:1

 カプラー・スイッチ:1

 サスティン・オン/オフ:1

 ベース・オン/オフ:1

 ベース・ボリューム:1

 ギター・ベース・ボリューム:1

 ビブラート・デプス・ボリューム:1

●消費電力:

 25W

●外形寸法:

 1150(W)×640(D)×290(H)mm


パネル:

フロント・パネル:

 コントロール・パネルは下鍵盤の左右,上鍵盤の左,そして正面のパネルの 4ヵ所にある。この中でシンセサイザーに関係あるのは正面パネルと,上鍵盤左のパネルで,残りはオルガンの音作り用のレバー類が並んでいる。

 正面パネルにあるのはシンセ・セクションのオン/オフ・スイッチ,9 個のプリセット・セレクト・ボタン,オクターブ切替スイッチ,モジュレーション・セレクター(ビブラート等),グライド・スイッチ,サスティン・スイッチ,そしてフィルター等でコントロール可能な音源スイッチ(考え方はほとんどプリセットと同じ)が 12 個並んでいる。

 上鍵盤左にはフィルター関係のボリューム(コントゥア・ジェネレーター・デプス,カットオフ・フレケンシー,レゾナンス),モジュレーションのレート,デプス,グライド・タイム,音量のボリュームが並んでいる。またさらに左には,オルガンの音色を作るドローバー代わりのボリューム(フルート・ボイス,ミクスチャー)とアッパー,ローワーの音量ボリュームがある。

 下鍵盤左にはオルガン用のベース音色セレクターやビブラート・デプスのボリュームがある。

 下鍵盤右にはパーカッションのボリュームやパーカッション・モードを決めるスイッチが並んでいる。

リア・パネル:

 リア・パネルはないが本体下部に出力ジャックと,ベース・ペダル用のコネクター端子がついている。