item4 item6
Shopping, Education and Fun!
QLOOKアクセス解析

SE-IV (Solina):

見たいパネルをクリックしてください

SolinaAll
item3
item4
item5
item6
item7

    概要  ウンチク  その他
SE-IV(Solina)はこんな音

item10

  概要/仕様 :

概要

 1974 年発売の ARP の Strings Ensemble SE-IVは EMINENT 社の Solina Strings Ensemble の OEM 商品であり,中味は全く同じものである。

 当時出始めていた BBD という素子を利用し,単純なオシレター音をもとに厚いストリングス・サウンドを作るという方式の機種の走りである。


当時の定価

 55万円


仕様:

●鍵盤:49鍵, C スケール

●音色セレクト:6

 ビオラ,バイオリン,トランペット,ホルン(全音域)

 コントラバス,チェロ(C ~ G までの下 1 オクターブ半のみ)

●モジュレーション:1

●音量ボリューム:1

●ベース・音量ボリューム:1

●サスティン・レングス:1

●クレッシェンド:1

●チューニング:1

●入出力コネクター:5

 アウトプット×2,エクスプレッション・ペダル,ゲート・アウト,トリガ・アウト

●外形寸法:

 95.5(W)×36.5(D)×18(H)cm

●重量:

 23 kg



パネル:
・フロント・パネル:
 鍵盤右にはストリングスのアンサンブル効果のオン/オフ・スイッチがある。またコントロール・パネルには左から電源スイッチ,チューニング・ツマミ,コントラバス/チェロのオン/オフ・スイッチ,ベース・ボリューム,クレッシェンド・ボリューム,サスティン・レングス・ボリューム,音量ボリューム,ビオラ/バイオリン/トランペット/ホルンのオン/オフ・スイッチがある。


リア・パネル:
 リア・パネルにはアウト 1 & 2 ,エクスプレッション・ペダル,ゲート・アウト,トリガー・アウトの端子がある。