QLOOKアクセス解析
Analog Synthesizer Lecture
Shopping, Education and Fun!

ストリングス(Strings)サウンドの作り方

a:作り方/その1   b:作り方/その2

a:作り方/その1、矩形波を使ったストリングス

 

・シンセサイザーでストリングス系のサウンドが欲しい時は多いでしょう。

・アナログベーシックの VCO の説明にも書いたように、ストリングスを構成するバイオリンやチェロの音を作る時には鋸歯状波を使います。

 しかし複数の弦楽器が同時に演奏したようなコーラスサウンドを作るためには、多数の VCO を使う必要があり、VCO の数が少ない昔のシンセサイザーではコーラス感のある厚い音を作る事が難しかったのです。


・そこで VCO の数の少ないシンセサイザーで複数の楽器が鳴っているように聞かせる一つの方法として波形にパルス波を使い(Moog Modular V では矩形波のパルスワイズモジュレーションを調整するとパルス波になる)、LFO でパルス波の幅を変えるパルスワイズモジュレーションの技を使う事がありました。

 (Pulse width をどう読むか色々と言い分はありますが、ここでは古い Roland の言い方を採用してパルスワイズと呼ぶ事にします)


 例えば Roland のポリフォニックシンセ Jupiter-8 は、8ボイスのシンセサイザーでしたが、1ボイスあたり2つの VCO しかありませんでした。


 このようなポリフォニックシンセでは、パルスワイズモジュレーションによるコーラス効果が音作りに便利でした。


・パルス波の幅を LFO で揺らすと、音が回っているような感じになります。

 この効果は丁度、複数の弦楽器が同じ音程を演奏した時に起こるコーラス効果と似ているため、これを利用して音を厚く聞かせるパッチ作りが使われていました。

・昔風のストリングスサウンドを作りたい時には、この方法を使ってパッチを作るのが良いでしょう。

・2番目の VCO の波形は鋸歯状波を使うのが良いでしょう。

 2番目の VCO の波形も矩形波やパルス波にしてしまうと、2つの VCO の波の形が丁度逆相になって打ち消し合った時に、音が完全に消えてしまうポイントが出てしまうためです。


・この方法をブロックダイアグラムにしたものを以下に示します。ここでは2つの LFO を使用していますが、LFO1 はパルス波の幅を変更するために、LFO2 は鋸歯状波のピッチを揺らすために使われています。

SquareStringsdiagram



 


Moog Modular V を使って矩形波ストリングスを作ってみる

・それでは Moog Modular V を使って、上記のようなサウンドを作ってみましょう。

 

 

・Moog Modular V では VCO のパルスワイズモジュレーションで鋸歯状波の波形も変更されてしまいます(オリジナルの Moog では変更されない)。


 ここでは、昔風のシンセストリングスの音に似せるため、2番目の VCO は2グループ目の VCO の鋸歯状波を使っています(1グループ目の VCO の鋸歯状波を使うと、矩形波と一緒に鋸歯状波にもパルスワイズモジュレーションがかかってしまうため)。


・ビデオ中の解説にもある通り、この音作りでは1番目の VCO のパルスワイズモジュレーションの早さと深さ、2番目の VCO のビブラートの早さと深さ、1番目と2番目の VCO のピッチのデチューンの度合いによって、コーラス感が非常に変わります。

 面白いコーラス感のポイントを見つけると良いでしょう。


・同じくビデオ解説にあるように、VCF を閉じ目にすると、暗いストリングスサウンドになり、Arp Solina のようなストリングスサウンドよりも Korg PE-2000 等のストリングスキーボードに近いサウンドになります。



 ←前へ   次へ→