QLOOKアクセス解析
Analog Synthesizer Lecture
Shopping, Education and Fun!

音の3要素(3)/音量 & まとめ :

c.音量:

 ・音の大きい小さいで、波形の振幅(上下の振れ幅)による。

 ・振幅が大きければ大きな音である。

 ・振幅は時間と共に変化していく。例えばピアノは出始めが大きく、徐々に小さくなっていく。

 以下に同じ音程/音色で音量の違う波形を示す。

WaveLS
大きい音(上)と小さい音(下)


まとめ:

 ☆音は音程/音色/音量の3つの要素で成り立っている。

 ☆音程は音の高い/低いで波の数に依存する。波の数が多ければ高い音程になる。

 ☆1オクターブ上の音程の周波数は2倍である。


 ☆音色は音の柔らかい/硬いで波の形に依存する。

 ☆音色は倍音の含まれ具合によって決まる。倍音の一つ一つはサイン波である。

 ☆普通の楽器音(打楽器を除く)は正確な倍音列によって構成される。

 ☆金属を叩いた音や打楽器は非整数次倍音を含む。

 ☆風の音は雑音でなりたっている。


 ☆音量は音の大きい/小さいで波の振幅に依存する。


 ☆3つの要素は音の出始めから消えるまで常に変化している。


 


 以上のような内容をさらに学術的に勉強してみたい人は次のような本を読んでみるといいだろう。



 ←前へ   次へ→